日々是送受信

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

院内見学

きのうの母親学級の目玉は院内見学。

産科の病棟へお邪魔して、新生児室、陣痛室、分娩室、入院の部屋、シャワー室等々ぞろぞろと見学してきました。



母子同室が基本の病院ですが、一時的に預かってもらいたかったり、赤ちゃんの具合が心配な場合は新生児室で預かってもらうというスタイル。

母子同室というのはわかっていても、今までのテレビとか諸々のイメージで、新生児室ってふにゃふにゃ赤ちゃんがずらーっと並んでるイメージ。しかし!きのうは広~い新生児室に赤ちゃん一人(笑)!!しかもど真ん中に(笑)!

まわりにスタッフの人たちはいるけど、さみしくないのかなぁと思った。こちらの心配をよそにその子は泣きもせず気ままに過ごしているようでしたが。



ていうか赤ちゃん、か わ い か っ た ・ ・ ・ .。*ヽ(*´∀`*)ノ・.。*・:



なんですかねあのイキモノは。あの癒し力は。窓越しに見ただけなのに顔がだるんだるんにゆるんでしまいそうだった・・。

よかった、27年間ほぼ人の子供に興味なく生きてきた私だけど、どうやら母になれそうだ。



分娩中の人はいなかったみたいだけど、陣痛室は今まさに陣痛と戦ってる妊婦さんがいて(もちろんカーテンで見えないけど)、なんだかものものしい雰囲気が伝わってきました。

のんきに見学などさせてもらって申し訳ない。

陣痛室はベッドが置いてあるけど、必要だったら畳も敷いてくれる、一番好きな楽な体勢で臨みましょう、とのこと。

分娩室も、明かりの調節、分娩台に上がりたくなかったら陣痛室のベッドのまま移動するからそこで産んでもいい、音楽を流したかったらそれも可、といったことを説明してもらいました。



あと2か月後には自分で経験することなのに、これがまた全っ然自分がそこにいる想像がつかなくて。

もっとイメトレ進めないとなぁ。(なんちゃって自己流ソフロロジー)



3月はお産が少ないらしく、きのうも陣痛室や入院室はわりと余裕があるようでした。

でも5月はお産が多いから、陣痛室がいっぱいになる可能性もあって、そうすると臨時の他の部屋(入院室のベッド)を使う可能性もあったり、4人部屋を希望しても空きがなかったら個室になる(もちろん追加料金発生・・・)可能性もあったりするらしい。

流れ作業みたくなったら・・・やだ(-_-)



+++++++++++++



病院での実際の出産ビデオ(陣痛~出産)を見ているとき、妙にリアルな映像を見て感動しつつも動揺していた私の気持ちが伝わったか、お腹の中ではダンシングベイビー状態。君君、君も関係してるのよと思いながら、一緒にがんばろうねーと素直に思えました。(こちらも自己流ソフロロジー)



マタニティーブログ 妊娠後期
スポンサーサイト

2010/03/10(水) 14 03:00 | 妊娠生活 | トラックバック 0 | コメント 0
<<サプラーイズ | ホーム | 父とランチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nyam5.blog102.fc2.com/tb.php/109-16affb2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

にゃん

Author:にゃん
1歳女子の母をしています。東京在住。

限定記事にはパスワード制につき、ご覧になりたい方はツイッターDMもしくはメールフォームでご連絡ください。

つーさんなう

最新コメント

カテゴリ

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

Copyright ©日々是送受信 All Rights Reserved
Powered By FC2ブログアフィリエイト.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。