日々是送受信

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

出産レポ-2

初めは私一人だったサブ陣痛室も、気付けば満床。持ち込んだ痛みのがしのクッションがわりのブタだけでは間に合わず、巨大ビーズクッションやら足用枕やらを出してもらい、ひたすら楽な姿勢をさがす。痛みはさらに増してくる。



このあたりで旦那さんが実家に電話しに退席。ついでに助産師さんも消えて、一人にされる。途端に心細くなって、怖くて、泣きながら痛みと戦う。

しばらくして皆戻ってきたが、痛みの度に涙と鼻水。鼻呼吸不可能。



いつまでこの苦しみと戦わないといけないのか、でもお腹の子はもっとつらいんだし、という黒かったり白かったりする考えが頭を行き交い、荒れたくなる。



そんなとき、助産師さんに、「そろそろ陣痛室行こうか」と言われ、え?陣痛室がいっぱいだからサブに通されたんじゃなかったの?と思い、再び恐怖。今までの部屋はまだ余裕の人用なんだ…と思ったから。



鼻水垂れ流しながら、歩いて移動。途中3回ぐらい痛みのがし。立つのもつらい。

陣痛室に入ると、私の他に一人。さっきまでの部屋と明らかに空気感が違う。声の種類とか。



前傾姿勢になれるいすを使って、ひたすら痛みのがし。肛門はテニスボールじゃなく、助産師さんがずっと手で押さえててくれた。多分私の場合、ボールじゃ硬くて痛かったと思う。



このへんから記憶が断片的。暑いからあおいでと言ったくせに、あおがれたら気が散ってやめろと言ったり、もう声を出さずには痛みと戦えなかったこととか。



どのくらい陣痛室にいたかわからないけど、「よし、じゃあ分娩室行こう!」という声が聞こえて、あぁもう少しなんだ、と朦朧としながら思う。歩いて行く?と言われたけど絶対無理。陣痛室のベッドで四つばいになりそのまま運ばれる…。



もう巨大ビーズクッションに顔うずめたまま顔上げられない。分娩台にうつる前にまた大波がきて、ワーワーフーフー言いながら、足が2つのベッドにはさまって痛くて、「足はさまって痛いー!」とわめく。



3へ続く

スポンサーサイト

2010/05/07(金) 10 15:00 | 出産レポ | トラックバック 0 | コメント 0
<<母乳 | ホーム | 生後二日目の朝>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nyam5.blog102.fc2.com/tb.php/161-7cdcd082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

にゃん

Author:にゃん
1歳女子の母をしています。東京在住。

限定記事にはパスワード制につき、ご覧になりたい方はツイッターDMもしくはメールフォームでご連絡ください。

つーさんなう

最新コメント

カテゴリ

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

Copyright ©日々是送受信 All Rights Reserved
Powered By FC2ブログアフィリエイト.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。